ソリューション

会計ソフト×Payment Automation×営業支援で請求・集金業務の効率化を支援

各ソフトの連携により、営業部門と経理部門の連携がスムーズになり、業務の無駄を削減します。

ソリューション図

Payment AutomationとSalesforceを連動させることにより、決済手段に関わらず、消込や売上の確定を自動化します。各金融機関のデータとSalesforceが連動して、取引先からの入金状況が自動アップデートされる仕組みです。

毎月の経理業務例

今まで手作業で苦労

今までの経理担当者は、月末の多忙を極める中、消込業務や入金チェックなど、煩雑な業務をこなしていました。そのためにヒューマンエラーが起きてしまい、その確認にさらに時間を取られるなど、業務の効率化を阻む悪循環が生じていました。

当製品を導入した場合

これからの作業は自動で楽々

しかし、Payment Automationを導入すれば、Salesforceで蓄積された顧客データから、請求書の発行・集金・消込・催促まで自動化できます。 請求件数がどんなに増えても、取引ごとに異なる請求パターンが生じても、月々の請求業務に掛かる時間はほとんど変わりません。

ソリューション別にPayment Automationを知る

Salesforce

for Salesforce

取引ごとに請求内容がカスタマイズされていたり、取引件数が多くなったりすると、消込処理だけでも大きな負担になります。この処理を自動化することで、作業時間を圧倒的に短縮します。

詳しく見る

法人間取引の代金回収

法人間取引の代金回収

Payment Automationは、2017年春時点で、大手決済代行会社3社と連携を完了しております。今後、順次連携先の決済代行会社を追加していく予定です。


詳しく見る

海外(越境)決済

海外(越境)決済

Payment Automationでは、クレジットカード情報等の機密情報は、大手決済代行会社の高レベルのセキュリティによって守られています。中小企業にとって大きな負担となるセキュリティコストも削減します。

詳しく見る